石川酒造場

創業者 石川政次郎(先代社長)は、琉球王朝時代に酒造りが認められた地域(首里三箇)に育ち、酒造りの技術を身につけ、奄美大島や石垣島にも技術指導に出向いていた。

  • 1935年、縁あって台湾に渡り専売局で酒造りに携わり、終戦後、沖縄に帰省。
  • 1946年に設立された沖縄民政府財政部が直接運営する5ヶ所の酒造元のうちの首里酒造所に勤務。
  • 1949年に各酒造所が民営化された際、100軒近くの免許業者が生まれたが、その中の一人として石川酒造場を興す。
  • 1959年5月、合資会社石川酒造場となり、1972年8月、現社長の石川信夫が2代目に就任。
  • 1993年12月、株式会社石川酒造場として商号を変更し、組織を拡大。

本場泡盛の製造技法は、昔ながらの“甕仕込み・甕貯蔵”の伝統を受け継ぎ、今や県内唯一となっている。

酒造所名
株式会社 石川(いしかわ)酒造場
所在地
西原町字小那覇1438-1
TEL/FAX
098-945-3515 / 098-945-3997
ホームページ
http://www.kamejikomi.com/
■消費税増税に伴う商品価格の改定につきまして■
■泡盛館オリジナルブランド「綾」をお買い上げいただけますと、1梱包23kgまでの商品を【送料無料】にてお届けいたします。